読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016 年を振り返って

あっという間に年末になってしまったので,今年も 1 年を振り返ってみる.振り返り記事は年に 1 度の定点観測になっていて,年々の心境の変化などが分かり,自分を見つめ直すいい機会である.

雑感

今年は人生で間違いなく 1 番はやかった.脳が取り込む情報量が少ないと時間が過ぎるのがはやく感じるらしい.会社自体は激動の 1 年だったたが,確かに日々を省みると,会社行って開発して帰って… の単調な生活の繰り返しだったように思う.今思えば,大学・大学院時代や前職時代は本業を最小限に抑えつつ,むしろプライベートでいろいろやるのが本業みたいなノリで生きていたので,周囲からの刺激が多く日々長く感じていたのだろう.今年のように 1 つのことにフォーカスした生活は初めてかもしれない.仕事に追われる毎日は視野が狭くなりがちで考えものではあるが,人生においてようやく本業に本気になれる環境に身を置けたということは幸せなことだと思う.

会社はといえば,ちょうど 1 年頃前に共同創業し 1 年が経った.去年の今頃はまだオフィスすらなかったが,この 1 年で 2 回移転し,メンバーも 20 人を超えた.日々過ごしているとあまり実感しないが,改めて振り返ってみると,この 1 年で結構遠いとこまできたんだなあとしみじみする.金融という世界が全く未知だった 1 年前が遠い昔のようである.

会社のエンジニアは同世代のメンバーが多いが,自分より優秀な人ばかり.前職と比べても明らかに能力が高い人がそろっていて自信を失う程ではあるが,一緒に働きたかったメンバーと働けたりしてとても贅沢な環境に身を置けているように思う.自分はスキル的にも精神年齢的にもまだまだだと思うので,追い越せるように努力し続けたい.

会社ではフロントエンドをほぼ 1 人で実装している.フルスクラッチなためモダンな環境も導入しやすく,今のところ,設計・実装を含め秩序立った実装ができていて楽しい.ただ,1 人で実装していると,外部からのレビューが少ないため,もっといいやり方があるのになかなか気付けないといったことが起こりがちで,自分のスキルレベルがサービスのクオリティの上限となってしまうリスクがあると感じている.なので,仕事に余裕がある時期には積極的に勉強会に行ってインプットするようにしている.

前職に新卒入社する際,就活の際からフロントを志望していたものの 180 度真逆の R&D の部署に配属され,そこで 1 年半過ごすこととなった.そして今ようやく仕事でフロントを書いており,人生の軌道修正がされつつある.やはり自分はサービス志向の人間で,ユーザが直接目にするフロントやアプリの開発がとても楽しいと感じる.前職の R&D の部署はサイエンス至上主義な感じで,サービス開発を軽んじている人が多かったが,自分でものを創り出せなければ本質的には企画と何も変わらないと思っている.そういう意味でも前職を早い段階でやめてよかったし,ずっと居続けていたらどうなっていたのかと思うと恐ろしい.ただ,サービスのコアな部分や優位性となる部分は,やはりサイエンスを用いた知的処理になってくるので,前職の経験を活かしつつハイブリッドに取り組んでいきたい.

プライベートでは,今年はあまり開発できなかった.前職時代は会社がゆるく,土日は力がみなぎっていてバリバリ開発していたが,今年は仕事疲れからなのか,単に歳をとったからなのかは分からないが,日曜遅くまで寝てだらだら過ごすことが多かった.体力のなさを痛感しており,最近は週 1 で皇居を走っている.何はともあれ仕事だけでは消耗してしまってイキイキできないので,来年はまた日曜とかにプライベートでいろいろ作ったりしていきたい.ネタは結構たまっている.

社会人 3 年目になって,学生時代の友達が起業したり海外で働き始めたりと,続々と次のキャリアに足を踏み入れ始めた.自分ももう若いとは言えない歳になってきているので,目先のことを精一杯頑張りつつも,将来をしっかり見据えて来年 1 年を過ごしていきたい.

作ったアプリ

上でも書いたように,今年はあまり開発ができず,過去にリリースしたアプリのアップデートだったり,開発途中のアプリをリリースまで持っていったりといったものが多かった.

INTEMPO

日本アーティスト協会 と提携し,楽曲を提供してもらった.

inShade

フジテレビに取り上げられ,App Store の人気検索に出てきたりと,結構反響があった.

Hz

Mashup Awards 2016 の決勝にいった.

よかった本

今年も通勤時間でいろんな本を読んだ.数えてみたら全部で 100 冊くらい.10 冊に 1 冊くらい,読んでよかったって感じる本に出会えてる気がする.以下は今年読んでよかった本トップ 5.

暗号解読〈上〉 (新潮文庫)

暗号解読〈上〉 (新潮文庫)

暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)

暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)

古代の暗号 (カエサル暗号) から始まり,エニグマ,量子暗号と,どういった経緯でどのように暗号が発展してきたのかを追ったノンフィクション小説.当時は絶対破られないと思われていた暗号が突破され,それを受けて天才数学者がさらに上をいく暗号を発明するがそれも破られ… とどんどん発展していく様子は,まさにドラマである.イミテーション・ゲームでもあったが,第 2 次世界大戦ではエニグマの解読が勝利の鍵を握っており,どのように糸口を見出し,どのように解読されていったのかが詳しく解説されていて,血の滲む努力が伝わってきた.上下巻あったがおもしろくてあっという間に読み終えてしまった.さすがサイモン・シンといった感じ.
フューチャー・オブ・マインド―心の未来を科学する

フューチャー・オブ・マインド―心の未来を科学する

脳や心に関して,サイエンスがどこまで進歩しているのかが,最新の技術や研究に基づいて書かれており,ノンフィクションだが SF を読んでいるような気分になる.テレパシーや脳のリバースエンジニアリングなど,まるで夢の世界のようなものも,あながち夢とは言い切れないのだなあと感じた.自分が生きているうちにどこまで進歩するのか,非常に楽しみである.ミチオ・カクの本はどれもボリュームがあるが,その分読みごたえも抜群である.
さよなら、インタフェース -脱「画面」の思考法

さよなら、インタフェース -脱「画面」の思考法

  • 作者: ゴールデン・クリシュナ,武舎るみ,武舎広幸
  • 出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社
  • 発売日: 2015/09/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
一時話題となった No UI について書かれた本.UI を画面ありきで考えるべきではないという著者の考えには同感で,あくまで手段の 1 つとしてとらえるべきであると思っている.画面だけにとらわれていては決して Pokémon GO みたいなアイデアは出てこないと思うし,自分もアプリのアイデアを考える時は,スマホをそもそも画面を見るものではなく,何かの目的の手段として利用できないかを考えるようにしている.
ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験 (光文社新書)

ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験 (光文社新書)

様々なキャリアを持った 963 人の宇宙飛行士への応募の中から選ばれた候補者 10 人の,最終試験に密着したドキュメンタリー.宇宙での生活と同じく密室空間に 1 週間以上閉じ込められ,多くの負荷が与えられ続ける環境の中で,彼らが様々な試験をおこなっていく様子がリアルに伝えられている.リーダーシップはもちろん,ストレス耐性やチームワークなど,宇宙という一歩間違えれば死んでしまうような環境では,どれか 1 つでも欠けていれば致命傷になりかねない.特殊な能力が求められているわけではないものの,全てにおいて 60 点以上とることの難しさを感じ,同時にそれらは社会人としての能力を測るものさしと共通であるように感じた.
住まいの解剖図鑑

住まいの解剖図鑑

住宅設計に関して,基本的な設計原理を分かりやすく解説した本.普段当たり前のように過ごしている環境でも,間取りや配置の 1 つ 1 つに意味があることを知り,建築に対する視点が変わった.将来 IT 技術を用いて建築に関する仕事に携わりたいなあ.

【Mashup Awards 2016】今年も決勝へ

Hz (ヘルツ)Mashup Awards 2016 の決勝に通過し,3 年連続で決勝に進んだ.

Hz は 今年の夏にリリースした ,超音波通信を用いて Facebook アカウントを爆速で交換できるアプリ.今年は仕事も忙しくて特に出すつもりはなかったのだが,締切 1 時間前くらいに一応出しておこうと思いたち,ギリギリで応募.するとテーマ賞を受賞して 2nd Stage へ進出することに.

2nd Stage 通過の連絡が結構ギリギリ (その週の頭くらい?) にきて,そっから毎晩仕事後にスライド作りで結構キツかった.アプリ自体はとてもシンプルなため,普通のプレゼンをしても多分決勝は通過できないと思ったので,直前まで練ってかなりクオリティを高めた.そして 2nd Stage でのプレゼンの結果,5 位で通過しファイナリストに選ばれた.

去年,一昨年は AdriaBlue で決勝に進み,プレゼンはデザイナーのもえちゃんがやっていたので,決勝でプレゼンするのは今回が初めてだった.今年は 360 度観客に囲まれるステージで,どこ向いていいかも分からずめちゃめちゃ緊張した.

f:id:pika_shi:20161217163332j:plain

f:id:pika_shi:20161217163126j:plain

今年も優勝することはできなかったが,このようなすごいステージでプレゼンできて個人的には満足.また,AdriaBlue のような天才プレゼンター,天才デザイナーのいるチームではなく,エンジニア 2 人のチームとして決勝に進むことができ,個人としての力を示せたことがうれしい.

また,このような場でプレゼンすることで,アプリを知ってもらえて,かついろんな方面からアプローチをかけてもらえたりするので,それだけでも出す価値があったように思う.いくらいいものを作っても,誰にも気付かれずに終われば全く意味がないので,チャンスは自ら創っていく必要があるように感じた.今年はもういいかなあと思っていたが,とりあえず出してみてよかった.

あと決勝で気になったのは,去年と同様にハードウェアの作品が決勝でも多かったものの,ネット回線が混みすぎててデモがうまくできない作品がいくつかあったこと.何でもかんでもネットにつなげるようになってはきているものの,それを支えるためのインフラが整っていないということを身をもって感じた.こういう問題が起こるのは時代の変わり目ということなのだろう.

以下は優秀賞 (20 万) とテーマ賞 (5 万) の記念品.テーマ賞は Facebook のノベルティをいろいろもらったが,中でも Instagram の T シャツがアツい.

f:id:pika_shi:20161217233540j:plain

f:id:pika_shi:20161218111854j:plain

最近は仕事が忙しくて趣味での開発がめっきり減ってしまったが,たまにこういうのに参加していろいろ作品を見るとインスピレーションが沸いてモチベも上がるので,定期的に刺激を受けられる環境に身を置くことは大事だと再認識した.

3 年前に初めて学生で参加したのがとても懐かしい.この頃は 2nd Stage に通過しただけで大歓喜で,決勝なんて夢のまた夢だったが,今思うと気付かぬうちに遠いところまできたんだなあとじみじみと感じる.

以下は 2nd Stage,Final Stage で個人的におもしろいと思った作品.

ホッパースクラッチ R-18
床に投影した水着の女の人の画像の上でホッピングし,飛び跳ねた場所に穴が開いて水玉コラみたいになる作品.発想の勝利だなあと思った.こういうアイデア出せるようになりたい.

年収800万円以下でも寿司が止まって見える装置
高速で回転している寿司に点滅する照明を当て,ゾートロープにより止まっているように見える装置.才能の無駄遣い感が出ててとてもよかった.

なんとかめーかー りある
1 人がゲーム画面を操作し,もう 1 人がボードを操作するという非対称な 2 人用ゲーム.2 次元と 3 次元が融合したインタフェースがおもしろいと思った.

トイレの神様
トイレ・便座にセンサーを設置し,いろんな機能を持たせた作品.便座への座り方で,家族くらいの人数であれば誰なのか分類できるということを実証していてかなり興味深かった.昔 IoT × トイレでいろいろアイデア考えたことあったなあ…

AMAGUMO
例年 1 つはある,電博っぽい感じのクリエイティブ作品.動画の見せ方など,かなり参考になる.

【2016.11.19-20】秋の京都へ

f:id:pika_shi:20161120111552j:plain

先週末,大学時代の友人の結婚式で久々に京都へ.ちょうど紅葉シーズンですごい人だった.海外の観光客も多いためかホテルも高騰しており,ビジネスホテル素泊まりで 1 泊 2 万くらいした.

学生時代 6 年間住んでいた時には当たり前のように感じていた景色も,今となっては全てが美しく見えるようになった.鴨川に癒され,ノスタルジックな気分に浸らされる.人生のどっかのタイミングで,また京都に帰ってきて住みたいなあと真剣に思う.

f:id:pika_shi:20161120145643j:plain

清水寺はまだピークではなかったものの,紅く色付いていてきれいだった.このシーズンに清水寺行ったの初めてな気がする.ベタな観光名所って住んでる時にはなかなか行かないものだよなあ…

f:id:pika_shi:20161120121215j:plain

恵那くのつけ麺が食べたくて一乗寺へ行った.叡電は貴船に行く人で溢れ返っており,一乗寺に行きたいだけなのに大混雑に巻き込まれて辛かった.やはり京都での移動はチャリがよい.

3 年ぶりくらいだったが,変わらず安定の美味しさだった.東京でもいろいろつけ麺を食べに行っているが,まだ恵那くを超えるつけ麺には出会えてない気がする.

献血 10 回達成した

f:id:pika_shi:20161103213640j:plain

11/3 の献血でちょうど 10 回目だったようで,いろいろ記念品をもらった.学生の時に京都で初めて行ったのをきっかけに,東京に来てからも時間がある時に行っている.

献血すると抜いた分新しい血がつくられるので身体によいと言われているが,実際に献血に行くとしばらく体調がよくなっている気はしていて,それがモチベーションになっている.その結果として誰かの命を救えているなら Win-Win であるように感じる.

献血ルームによっても雰囲気は結構違っていて,個人的には吉祥寺の献血ルームが 1 番好きでよく行っている.渋谷とか池袋とかの献血ルームは混んでて待ち時間が多く,看護師さんも結構バタバタしている印象だが,吉祥寺は休日でも割と空いていて落ち着いた空気が流れている.

学生時代につくった 人生の 100 のリスト に書いてある「 献血 10 回以上する」をあっけなく達成してしまった (当時は 10 回というのはハードルが高かったのだろうか) が,今後も毎年 3 回 (全血献血は年 3 回まで) 継続して行き,30 回,50 回と達成したい.

f:id:pika_shi:20161103213511j:plain

過去にもらった けんけつちゃん グッズをあさったら結構出てきた.

【2016.9.23-25】八重山諸島へ

f:id:pika_shi:20161003000032j:plain
シルバーウィークに,Life is Tech! のメンバー4人で八重山諸島に行ってきた.沖縄本島は大学時代 3 回も訪れたが,離島は今回が初めて.今年は例年以上に台風が多かったが,ちょうど合間を縫って 3 日間とも晴れだった.東京は涼しくなってきていたものの,沖縄は3日とも30℃をこえる真夏日.海はどこも澄んでたし,星もめっちゃ見えて最高だった.

初日は那覇経由で15時過ぎに石垣着.宿 (Airbnb でマンションの一室を借りた) に荷物を置き,川平湾,ふさきビーチへ.18歳の時に免許を取って以来8年ぶりに運転したが,石垣島は交通量も少なく意外と何とかなった.2日目は西表島へ.一帯が緑で覆われており,まさに秘境といった感じ.マングローブが広がる川をカヌーで下っていった.そして最終日は竹富島へ.自転車で1時間もあれば1周できるような小さな島で,とてものどかだった.ポケットにスマホ (2台) 入れたまま浅瀬を歩いてたら,急に深くなって2台とも水没させてしまった.写真はほぼ消えてしまった.

日陰ルート検索アプリ inShade をリリースした

f:id:pika_shi:20160828203955p:plain
できるだけ日陰を通るルートを検索するアプリ,inShade をリリースした.

目的地までの複数のルートの中から日陰領域が最も大きいルートを検索する.現在時刻における太陽高度・方位角と周辺の建物の高さをもとに,ルートの各地点が建物の陰になっているかを判定している.この仕組みについては特許出願中.

建物の高さの取得がかなり大変だった.まだ東京 23 区内しか取得できてないが,順次エリア拡大していきたい.取得方法は以下の記事にまとめている.

また,建物の高さデータが膨大で,検索にかなり時間がかかってしまっているので,今日 ElasticSearch と戦っていたが,データの Indexing に時間がかかりまだ改善できていない…

リリース後,かなり反響があり,翌日にはフジテレビのニュースコーナーにも取り上げられた.
f:id:pika_shi:20160828211420p:plain

App Store ではナビゲーションカテゴリの新着やランキングに掲載され,人気検索にも出てた.

f:id:pika_shi:20160828211933p:plain

SNS でのシェアのみでここまでいったのはなかなかうれしい.これまで広告費 1 円も払ったことがないが,いいものを作ればプレスしなくても自然と広まっていくし,逆にいまいちであれば人目に大きく触れることもなく淘汰されていく.お金をかけられない以上「コンテンツのよさ」のみが勝負の全てであり,それが個人開発の醍醐味でもある.

Facebook アカウント交換アプリ「Hz」をリリースした

f:id:pika_shi:20160802004805p:plain

ボタンひとつ,たった 5 秒でその場の全員と Facebook アカウントを交換できる iOS アプリ 「Hz (ヘルツ)」 をリリースした.

アプリの概要

Hz では,5 人いても 10 人いても「誰か 1 人」がボタンをタップするだけで,その場の全員がお互いの Facebook アカウントを交換することができる.以下の動画を見れば,誰かがボタンをタップすると,タップした人のアカウントだけでなく,近くでただじっと待っているだけの人のアカウントまで取得できていることが分かると思う.

Facebook アカウント交換には大きく分けて以下の 2 つの問題点があると思っている.

1. 相手を探すのが面倒である

初対面の人と Facebook アカウントを交換するの,結構大変ではないだろうか.相手の名前聞いて入力し,検索結果に同じような名前の人がずらっと出てきてその中から探す… というアナログな手段が未だ主流となっている.「あっ,ローマ字で入力しないと出てこないかもです」とこれまで僕は何回言ってきただろう.最近は QR コードでの交換も提供されているが,知らない人も多い上に,カメラ立ち上げて撮影して… とこちらも結局面倒な作業が必要になる.

2. 1:1 でしか交換することができない

Facebook は基本的に 1:1 でしかアカウント交換することができない.つまり n 人いたら nC2 回の交換が必要になり,O(n^2) なので人が増えれば増えるほどコストがかかる.交流会や合コンなどで周囲の人とまとめてアカウントを交換したい時などはかなり面倒である.

Hz では,「誰かが 1 回」「ボタンをタップするだけ」でアカウントを交換することができ,これら 2 つの問題を同時に解決している.これ以上簡単にはできないのではないだろうか.


f:id:pika_shi:20160807093712p:plain

使用技術 (超音波通信)

Hz では,超音波通信を利用することで,スマートなアカウント交換を実現した.超音波通信では,人には聴こえない高周波の音に情報を載せ通信をおこなう.iOS では 20kHz くらいまでは出すことも聴くこともでき,Hz では 18kHz~20kHz あたりの周波数帯を利用している.

自分は超音波通信にかなり可能性を感じていて,近距離通信の中ではベストな通信手段だと思っている.近くの人と情報を共有するには Bluetooth によるペアリングや QR コードの読み取りなどが利用されることが多いが,決してどれも手軽とは言いがたい.また,LINE にはふるふるのような機能もあるが,GPS ベースなので精度は芳しくない.一方で,超音波は「音」なので Bluetooth のようなペアリングが当然必要なく,かつ QR コードのように 1 つずつ読み取る手間もかからない.さらに,超音波は周囲の人にしか届かないため,GPS と違って全然関係ない人に追加される心配もない.Hz は,超音波通信のこうような性質をうまく利用することで,従来より「簡単」でかつ「高精度」なアカウント交換を実現した.

ここに書いているような超音波通信への熱い思いは以前 Qiita にもまとめた.

超音波を用いた情報の送受信方法も↑の記事に書いているが,工夫した点は,iPhone の左右のスピーカーから別の周波数帯の音を出し,誤り訂正を容易にできるようにした点である.また,超音波が全ての情報の送受信を行っているのではなく,iPhone 同士がペアリングした後は WebSocket が情報の送受信を担っている.特許を出願するために弁理士と相談していたが,個人で支払うには高すぎて結局諦めた.

超音波通信が大きく普及しない理由は,標準のプロトコルが現時点で存在せず,サービスごとに規格を自ら考える必要があるからだろう.また,帯域がかなり制限されるため,普及したら普及したで超音波同士が干渉しあう気もするので,それも普及の妨げになっているのではないかと思う.ただ,LINE に超音波でアカウント交換できる機能が一瞬存在したり (すぐ消えたのでほとんどの人が知らない),JR の電車内ではずっと超音波が出てて,どの車両がどの程度混雑しているかを把握していたりと,徐々に利用事例が増えてきており,今後大きく普及する可能性は残っているだろう.

TechCrunch 編集長の西村さんも書かかれているとおり,ネットワーク外部性の強いアプリなので大きく普及することはないと思うが,超音波通信の可能性は示せたのではないかと思う.Facebook に公式でこのような機能が取り込まれてほしい.

開発に際して

週末にぼちぼちやっており,リリースまで 2 年くらいかかった.β 版は 2 年前の時点で完成していたが,そこから Swift に書きなおしたり,デザインを全面リニューアルしていたりするうちに,あっという間に時が過ぎていた.前職を退職してからは週末もあまり時間が全然とれずお蔵入りしかけたが,何とか世に出せてよかった.そして超音波通信自体も 2 年間で時代遅れになったりはしておらずホッとしている.以下の動画は 2 年前,アプリのレビュー時に提出したもの.機能自体は今と同じだがデザインが最高にダサい.


また,以前アイデア考案のデザインパターンをまとめたが,Hz は ② n-click を 1-click, 1-click を 0-click にする と ③ 最新技術や興味深い技術をサービスに落としこむ を用いている.

INTEMPO など,Adriablue で開発するプロダクトはアイデア先行でそれを技術に落としこむものが多く,一般のユーザにもウケがいいものが多いが,それ以外で作るもの,特にエンジニア同士で開発するものはどうしてもボトムアップでユーザに伝わりにくいプロダクトになってしまいがちであり,Hz もその一例である.ただ,エンジニアとしてこのようなテクノロジーありきのプロダクトを作るのがまたワクワクするのも事実.トップダウンボトムアップの両サイドから攻め,うまく融合することができた時に本当にインパクトの大きいサービスができると思うので,両者の視点から考える習慣を今後も続けていきたいと思う.