読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【2015.4.10-4.20】SAC2015 @スペイン

スペインのサラマンカで開催された SAC2015 で大学院時代の研究発表してきた.

SAC は各分野の最新トピックが扱われる国際会議で,その分野は Web,DB から Network,Security までかなり幅広い.今年の採択率は約24%で,年々レベルが上がってきているらしい.

自分は本会議初日の Social Network and Media Analysis というセッションで発表した.やはり社会人ともなると前もって十分に発表準備をする時間が取れず,トランジットの待ち時間やスペインに着いてからも資料修正や発表練習を繰り返していた.

f:id:pika_shi:20150425205633j:plain

このセッションはかなり人気で立ち見も多く (ちなみに左下に写ってます) ガクブルしてたが,年明けからレアジョブやってた効果もあり (?) 発表も質疑応答も無事にこなすことができた.

質疑応答は,質問した人がアメリカ英語でなまりもなく聞き取りやすかった.体感的に,質疑応答には きちんと質問を聞き取れる → それに対する回答を思いつく → それを英語で話す の3ハードルあって,それぞれ7割くらいでクリアできるので,最終的には 0.7の3乗で3割くらいの確率で答えれたらいい方だと思っていたので,今回は運がよかった方だと思う.

また,このセッションではブラジル人の発表者がなぜか多く,ランチの時にブラジルの人と近くだったのでその理由を聞いてみると,最近ブラジル内で会議レベルの見直しが行われたらしく,それで SAC のレベルが上がったため応募する研究者が増えたとのこと.ブラジルではどうやら,過去に採択された会議とそのレベルをもとに研究者のステータスが決定されるようで,SAC が狙い目の会議の1つだったらしい.

f:id:pika_shi:20150417125636j:plain

会議はサラマンカ大学で開催された.スペイン様式の建物で,かなり古風な感じだった.上の写真のどこかにカエルが隠れていて,それを見つけると大学に合格できるという言い伝えがあるのだとか.それ故サラマンカではカエルがシンボルとなっており,どのおみやげ屋に入ってもカエルの置物やキーホルダーがずらっと並んでいた.ちなみに自分は3分くらいで見つけることができた (上の写真だけでは難しいかも…) .

f:id:pika_shi:20150415152640j:plain

サラマンカはスペイン西部にある小さな街で,大学が多く学生の街と言われている.スペインではシエスタ (13:00-16:00が目安のお昼休憩) のため,昼でも街中が学生で賑わっているし,夜は夜で学生同士で外で集まって飲んでたりしていて,本当に楽しそうな学生生活を送っているように思った.日本みたいに夜疲れて歩いてるような人などは皆無で,ストレスフリーな生活が羨ましく感じた.日本にもシエスタ導入してほしい.

会議のランチもシエスタにあわせて2時間とってあり,ワインを飲みながらゆっくり食べる感じだった.毎日昼からワインを飲んで酔っ払う生活最高だった.午後のセッションは寝ている人も多かった.

f:id:pika_shi:20150415210107j:plain

晩は先生 (院の時の指導教官) と毎日いろんなとこ食べに行った.先生と2人で飲んだりする機会は学生の時はなかったので,ワイン飲みながらいろいろ話ができたりして楽しかった.自分が学生の立場の時には決して言えなかったであろう,先生の立場から見た大学や学生のいろいろな話を聞けたりしておもしろかった.上の写真はバルで食べたタパス.

サラマンカ (というかスペイン全体) は英語が通じないため,コミュニケーションには結構苦労した.receipt (レシート) が通じず1回領収書をもらい損ねた.バルやレストランでもメニューに何が書いてあるか全く分からず,勘や予想で注文することも多かった.たまに英語が通じる人がいると,まるで母国語を聞いたような安心感だった.スペインには英語教育がないのだろうか… 数日経ったあたりで,google 翻訳のアプリでスペイン語をカメラにかざすと自動で英語に変換される機能を見つけ,かなり重宝した.google すごい.

f:id:pika_shi:20150414222933j:plain

サラマンカでは旧市街の街並みが世界遺産としてそのまま残されており,風格のある景色を至るところで見ることができた.夜はこのような感じでライトアップされており,美しい景観をより一層味わうことができた.ちなみに海外では珍しく治安がかなりよく,深夜に外を1人で散歩しても全然問題ない感じだった.

f:id:pika_shi:20150412230527j:plain

マヨール広場 (Plaza Mayor) はサラマンカ市街の中心に位置する広場で,スペインで1番美しい広場と言われている.この広場も夜はきれいにライトアップされて,学生などで賑わっていた.

また,行きはマドリード,帰りはバルセロナを経由した.

f:id:pika_shi:20150412124153j:plain

マドリードは日曜だったので閉まっている店も多く,観光名所を少し見て回る程度だった.(ちなみにスペインではデパートなども日曜はどこも閉まっている.日本では考えられない…) スペインでは FirefoxOS そこそこ普及しているようなので FirefoxOS 搭載のデバイス売られてないかなと思い探したが,見つけられなかった.上の写真もマヨール広場.スペインにはマヨール広場がいくつかある.

f:id:pika_shi:20150417210509j:plain

バルセロナではサグラダファミリアをはじめとするガウディの建造物を見て回った.上の写真はその1つであるカサ・ミラ.スペインの建造物は個性的なものが多いが,ガウディの建造物はその中でも一際異彩を放っていた.カサ・ミラは1Fに普通にアパレルショップ入ってた.そのまま残しておいたらいいのに…

f:id:pika_shi:20150418113311j:plain

ガウディの家があるグエル公園は,緑がとてもきれいでかなり好きな感じだった.東京にもこんな場所あればいいのにと思った.

f:id:pika_shi:20150419115318j:plain

スペイン広場ではバルセロナを一望でき,30分くらいぼーっと景色眺めてた.建造物それぞれも美しいけど,街全体で見ても美しく完成されているのがよく分かった.

たまたまスペイン広場近くの会場でコミケ (?) みたいなコスプレイベントが開催されてて,アニメのコスプレしてるスペイン人大量にいた.スペインにもこういう文化あるんだなと思った.

f:id:pika_shi:20150418161227j:plain

バルセロナ vs バレンシアの試合も見に行った.スタジアムは日本よりもかなり大きい印象.10万人くらい入ってる…? 自分の席には熱狂的なファンがなぜかすでに座っていて,近くの空いている席に座って観戦した.メッシのコーナーキックとか間近で見れてテンション上がった.

こんな感じでスペインかなり満喫できた.また論文通してどっか海外行きたい.

ちなみにスペインへは,トルコ航空 (イスタンブール経由) で行った.ご飯は美味しくなかった (安いから文句は言えない) が,映画のラインナップは結構よく,行き4本,帰り1本の計5本も見た.

The Internship [DVD] [Import]

The Internship [DVD] [Import]

エンジニアではない2人が Googleインターンシップに参加する話.日本未公開だが,サンフランシスコに留学してた時に1度見ていておもしろく,また見た.

アバウト・タイム~愛おしい時間について~ [DVD]

アバウト・タイム~愛おしい時間について~ [DVD]

ラブ・アクチュアリーの監督の作品で,ずっと見たいと思ってたのがあった.過去へタイムトラベルできる主人公が何回も同じ過去をやり直すものの,今を生きるのが大切だということに最終的に気付かされるといった話.

おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)

おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)

見たことなかったので見てみたら,普通に泣いてしまった.時間をおいてもう1回見たいと思った.それにしてもこの監督,おおかみこどもといいサマーウォーズといい,いい作品作るで…

スパイダーマンシリーズ何げに初めて見た.まあまあだった.

スター・トレック イントゥ・ダークネス [DVD]

スター・トレック イントゥ・ダークネス [DVD]

未来予測本などを読んでいると Star Trek がよく取り上げられているので気になって見てみた.SF としてはよくできておもしろい.舞台は2259年らしいが,250年後にこんな世界が実現しているのだろうか.