読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【2014.3.8〜3.21】アジア諸国旅行

旅行

卒業旅行で2週間かけてカンボジア,タイ,マレーシア,シンガポールバリ島,上海をぶらりとしてきた.学生最後の長期休暇!

各国2〜3日とタイトなスケジュールだったこともあり,国境をまたぐごとにどんどん文化が変わっていく感じがおもしろかった.また,割とざっくりしたスケジュールで行ったので,その場その場でどこに泊まるかやどこに行くか決めたりすることもあり楽しかった.海外旅行の醍醐味は,その地の観光そのものよりも,見知らぬ土地で何が起こるか分からないワクワク感の方が大きいことを再認識した.

「人生を変える旅が、ふつうのツアーと同じだと思ったのかい?
用意された飛行機、ホテル、食事、買いものをする時間や場所まで全部用意されて……場合によっては通訳のガイドまでついた、ストレスのない快適な旅で人生を変えることなんてできないよ。
その旅行には不自由はないかもしれないけど、自由もない。
ぼくがきみに経験してほしいのは、ほとんどすべてが〈自由〉な〈不自由な旅〉だ。
そんな旅こそ、きみの人生を変えてくれる旅になる」

Amazon.co.jp: ライフトラベラー 人生の旅人: 喜多川 泰: 本

次々と国境をまたぎ様々な文化に触れるうちに,その土地その土地への適応能力はかなり高まったように思う.今ならどこの国へ行っても適応できる気がする.

カンボジア

f:id:pika_shi:20140309093402j:plain
初日はプノンペンを観光した.割と人で賑わっていたが,かなり雑然とした街だった.交通量は非常に多く,交通ルールのかけらも感じさせない程の自由さ.バイク3〜4人乗りは普通,交差点では誰も待たない.見てるだけでもスリル満点だった.

f:id:pika_shi:20140309135637j:plain
そしてプノンペンからバスでシエムリアップへ.舗装もされていない道なき道を大幅に揺れながら進んでいく.14時頃のバスに乗ったが8時間くらいかかり,着いた時はもう真っ暗だった.

f:id:pika_shi:20140309222945j:plain
ホテルは思っていたよりもずっときれいだった.これで1泊1500円程度.また,近くにナイトマーケットがあり,観光客で非常に賑わっていた.

f:id:pika_shi:20140310100717j:plain
2日目はアンコールワット周辺,3日目はラピュタの舞台となった遺跡であるベンメリアを観光した.それぞれ雰囲気が全然異なっており,言うまでもなく壮大なアンコールワットとは対照的に,ベンメリアは何か神秘的な空気が漂っていた.

f:id:pika_shi:20140311093740j:plain
カンボジアは非常に貧しい国で,観光エリア以外は本当に家が点在しているだけであった.また,小さい子どもが必死でものを売ろうとしてきたり,至るところで寄付を迫られたりと,経済格差を痛感した3日間だった.

タイ

f:id:pika_shi:20140313172038j:plain
まずバンコクに移動した.カンボジアとは一変,バンコクは高層ビルも多く発展していた.そして何よりも物価が安く,500mlの水が20円くらいで買える.おやつ買って明日の朝のパン買って…ってしても200円もいかないくらい.また,トゥクトゥクとかお店とかで値切るのが途中から楽しくなった.頑張って交渉したら結構安くしてくれることも多かった.

f:id:pika_shi:20140312125845j:plain
2日目はアユタヤへ.アンコールワットに劣らぬ広さで,1日かけてまわった.仏像が非常に多く,寝そべってる仏像(リクライニングブッダ)とかいてかわいかった.

f:id:pika_shi:20140312001106j:plain
ホテルは3日間お世話になったが,とても快適だった.これも1泊1500円程度.ホテルで働いているラオス人が非常によくして下さり,晩ご飯ごちそうしてもらったりした.また帰ってきたいと思えるようなアットホームなホテルだった.

マレーシア

f:id:pika_shi:20140314162852j:plain
マレーシアも予想以上に発展していて,服装とかもカンボジアやタイに比べるとかなり日本人に近い感じになった.また,インド系と中国系の民族が混ざっているため,サリーを身に付けている人も多かった.

文化的には日本と異なる点が多く,特にトイレに紙がないことに衝撃を受けた.トイレットペーパーのかわりにシャワーが置いてあり,床はびちょびちょ.

一般的なマレーシア人は用をたした後、右手で専用の水道ホース(ない場合はバケツに入った水を手桶で利用)の水を使って、左手でゴシゴシ洗います。乾燥は、自然乾燥が基本のようです。だからトイレットペーパーがないのが一般的なんです。水で周囲も流しますのでトイレの床が濡れているのです。

マレーシアのトイレにはトイレットペーパーがない。ポケットティッシュは必需品

らしい… 左手でゴシゴシする勇気はなかったのでティッシュを買った.

f:id:pika_shi:20140315184550j:plain

食事はめちゃめちゃスパイシーなものが多かったが,どれもとてもおいしかった.辛いもの食べ過ぎて少しおなかくだした.(しかしトイレに紙はない…くっ)

f:id:pika_shi:20140314221052j:plain
初日の晩に寝台列車ジョホールバルへと南下.人生初の寝台列車だったが普通に寝れた.

f:id:pika_shi:20140315092812j:plain
2日目はレゴランドに行った.テーマパークとしての完成度が非常に高く,ジェットコースター乗ったりプールにも入ったりしてかなり楽しめた.人も多すぎず,だいたいのアトラクションで遊べた.

マレーシアは文化の違いから,生活するには大変そうだが,また旅行で訪れたいと思った.

シンガポール

f:id:pika_shi:20140316163109j:plain
シンガポールは個人的に期待度が高く,3日間確保していたのだが,思っていたほど楽しくなかった.確かに他の国よりも発展は著しいが,日本と非常によく似ており,目新しいものが少なかった.どこに行ってもショッピングモールが立ち並んでいた.一定ラインまで発展してしまうと,どこも同じようになってしまうのだろうか.

天気が悪かったこともあり,3日連続で映画を観てしまった.基本は英語に中国語の字幕.日本でまだ公開されていない映画を観れたし,1,2日目に観た映画は内容も普通におもしろかった.3日目に観た映画はまさかの中国語でしゃべってて全く分からなかった.

f:id:pika_shi:20140316161913j:plain
がっかりポイントで有名なマーライオンは工事中でさらにがっかり度が増してた.そして向かいに見えるマリーナベイサンズは予想通りの迫力.お金貯めていつか泊まりたい.

f:id:pika_shi:20140318141853j:plain
2日目は水族館,3日目は雨の間を縫って植物園に行った.どこも非常に広く(シンガポールの水族館は世界最大らしい),シンガポールが本当に淡路島と同じ大きさなのか疑う程であった.

f:id:pika_shi:20140316144020j:plain
1泊2,000円程度のホテルに3日間泊まった.他の国では2,000円あればかなりいいクラスのホテルに泊まれたが,シンガポールではかなりランクが下がってしまった.シンガポールは夜中もとてもにぎやかで,平日の4時頃とかでもみんなで騒いでる声が聞こえてきた.

バリ島

f:id:pika_shi:20140320201017j:plain
バリ島でも天気が悪く,多くの時間をホテルで過ごした.ただホテルは多少奮発したこともあり(といっても1泊4,000円),これまでで1番豪華で快適だった.ホテルにプールがついていたのでとりあえず泳いでおいた.

f:id:pika_shi:20140320152911j:plain
2日目は昼から雨が上がり,タナロットへ移動し観光した.海沿いに寺院があり,海風が気持ちよかった.

f:id:pika_shi:20140320180247j:plain
そしてタクシーで変な場所で降ろされたためビーチを歩いて帰ったら,夕日が映えていてとてもきれいで感動した.

上海

f:id:pika_shi:20140321143520j:plain
上海はトランジットだったので4時間程度しかなかったが,写真でよく見るビル街あたりを見ることができて満足した.上海を歩いていたらやたらとカタコトの日本語で声をかけられたが,どうやって日本人と中国人を見分けているのか…

全体を通して

全体で使ったお金は20万円くらい.今回痛感したのは,移動にお金がかかるということ.AirAsiaやJetStarなどのLCCでも最低1万円くらいはかかるし,その土地その土地での観光における移動にもお金がどんどんかさんでいく.

ホテルや宿はBooking.comで全て予約した.スマートセールというのをたまにやってて,いいホテルがかなり安くなっていたりする(バリ島でのホテルは86%OFFだった).

また,今回初めてバックパックで旅行したが,必要なものとそうでないものがだいたい分かったので,次からはもっと小さいかばんで行けそう.

社会人になるとこのような長期の旅行にはなかなか行けなくなると思うが,時間を見つけてまた海外に行きたい.