サンフランシスコ留学【6/2〜6/28】

約1ヶ月間の留学生活を終え,日本に帰ってきた.本当にあっという間であった.

語学学校

Intrax San Francisco に4週間通った.

ピーキング重視の授業(これがこの学校に決めた理由)であり,少しは話せるようになったように思う.うまくなったというよりは,英語を話すことへの抵抗がなくなった感じ.特に日常会話に関しては,授業よりも,日本人以外の友人と英語で話すことで上達したように思う.

感じたのが,日本人は文法などの理解はできているものの話せない,逆にタイ人などは文法の基本的なところも危ういものの普通に話せているということ.英語教育の違い(というかキャラクターの違い?)を痛感した.とりあえず英語を話すのは度胸だと思った.

今回の留学での1番の成果は,「英語を勉強する理由が見つかった」ことであると思う.留学を通して,英語をツールとしたいと心から思えるようになった.日本でも継続して英語の勉強を続ける.

生活

サンフランシスコは雨がほとんど降らず,とても過ごしやすい気候であった.ただ,気温はそこまで高くなく(特に朝晩は寒かった),普段はパーカーとかはおっていた.

あと,坂が急すぎて歩くのしんどかった笑 写真ではあまり伝わらないが…

寮の部屋.

ルームメイトはネイティブだった.黒人で最初はちょっとこわかったが,いろいろ親切に教えてくれたりしていい人だった.スマブラとマリカーをよく一緒にした.

また,治安は決してよいとはいえない.1つ道それると1人で歩けないくらいこわかったりする.1回間違えてヤバいとこ通ってしまって普通に泣きそうになった.

IT企業見学

休日を使ってシリコンバレーのIT企業をめぐった.
GoogleFacebookには研究室の先輩,Adobeにはインターンしている友人がいて,普通の人が入れないとこまで入れてもらえた.

Google

社食おいしかった

Yahoo!

Apple

Intel

ebay

Adobe

Evernote

Facebook

Googleに劣らぬおいしさ.毎日こんな豪華な社食出るとかうらやましい…

その他

週末はよく映画を観に行った.特に,Googleインターンに応募した2人を描いた映画がおもしろかった.ちなみに日本では未公開(ドヤ顔
就活生に負けるな! Googleのインターンに参加する中年男性コンビを描くコメディ映画 | ライフハッカー[日本版]

また,ノッチ(オバマのものまねする人)見かけた.これの撮影だったみたい.

相武紗季もサンフランシスコに留学中だったようであり,何人か目撃している友達がいた.会いたかった(´;ω;`)