読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MA9(Mashup Award 9) 2nd Stage参加してきた

Mashup Award

友人と2人で開発したアプリ マタナイMA9の1次審査に通過し,昨日2nd Stageに参加してきた.

9月頃から相方とMA9に出すアプリを考えていたのだが,まずまずのアイデアは出るものの,これは勝ち進める!というようなパッとしたアイデアが出ず,もやもやした日々が続いた.

そこで10月19,20日に Mashup Camp 大阪 というMA9公式のハッカソンがあることを知り,参加することに.このハッカソンで優勝すると1次審査免除らしい.何となく面白そうで目を付けていたクルマ情報アクセス Web APIPUX画像認識APIAPI提供企業として参加するとのことで,そのあたりの話を聞いてアイデアを膨らませて何か斬新なものを作ろう,と2人意気投合していた.

実際これらのAPIの話を聞くと非常に面白く,これまで出なかったような多様なアイデアが生まれた.これまではAPIの解説ページを見て,そのAPIがどんなことができるかのイメージを何となくもっていた程度だったのだが,実際に各API提供企業の話を聞くと,なるほどこんなこともできるのか!と予想だにしなかった発見も多かった.

それらのAPIの話の中で,株式会社ブログウォッチャーProfile Passportの解説があった.ビーコンを使い,Bluetoothを通して近距離情報を収集するといったもの.これまではあまり着目していなかったのだが,話を聞き,その可能性の大きさを実感する.そしてこれはお店の混雑解消に使えるのではないかと思い,アプリ「マタナイ」を開発することに決めた.ハッカソンの間ビーコンをお借りすることができたということもあり,もしハッカソンに参加していなければおそらくこのアプリは生まれなかったであろう.

f:id:pika_shi:20131106125822p:plain

f:id:pika_shi:20131106125826p:plain

2日間でアプリの基本機能を完成させ,2日目の最後にプレゼンを行った.結果はあえなく撃沈.ミミミルが優勝し,2nd Stageへとコマを進めた.
個人的に割と自信があったためにショックも大きかった.審査員の方にもかなり厳しいコメントをいただいた.

ただ,この惨敗が本当によかった.このハッカソンで優勝はできなかったものの,何が足りないのかがはっきりと分かり,オンライン締切までの約1週間ブラッシュアップすることができた.ハッカソン参加者の方からもコメントをいただくことができ,大変参考になった.
早めに失敗することで,小さなサイクルを繰り返すというリーンスタートアップの重要性を身を持って体感できた.もしどのようなアプリを開発していたにせよ,このハッカソンに出ずに自分たちだけで開発を行なっていても,1次審査は通過できなかったと思う.

また,MA9運営の鈴木さんがブログの最後に,以下のようなコメントをして下さっており,とてもうれしく励みにもなった.

作品としては技術先行で、利用されるためには?というところが足りなかったかもしれないですが、個人的にハッカソン作品としてDASSENSチームの「マタナイ」は、難しい技術に対してチャレンジしてくれて、すごく嬉しかったです。
MAは楽しむことが大切です。新しい技術に触れてもらうことも大切なことの一つです。

何事も経験です。なんだかそんな純粋な楽しみ方をしてくれた気がして嬉しかったです。
彼らにはまた来年もきてほしいな。

Mashup Awards ブログ 【ハッカソンレポート@大阪】#MA9 Mashup Camp 大阪

そしてブラッシュアップの日々が続き,オンライン締切当日の23:00頃(ギリギリ!)にようやくティザーサイトも完成し,応募した.
オンライン審査通過20作品の枠の中に最終的に460作品もの応募があったので,通過してほしい!という強い思いはあったものの,心の片隅では通過は厳しいのかな…という不安もあった.

そして11/2にオンライン審査の結果発表があり,通過の連絡が.うれしすぎて思わず相方に電話してしまった.おそらく今年1番の喜びであった.

Mashup Awards ブログ 【結果発表】 #MA9 2ndステージ進出作品(オンライン審査)

審査通過しているアプリの中には,個人ではなく会社で開発されたアプリなども多く,特にカヤックFONTAが通過しているのにはさすがに笑ってしまった.こんなすごいサービスたちと肩を並べてバトルするのか…

さて3日後に2nd Stageということで,ゆっくり喜んでいる間もなく,残された時間でさらにブラッシュアップすることに.アプリそのものはもちろん,プレゼン資料も一新し,かなり気合を入れて作った.

2nd Stageの2時間程前に相方と東京で落ち合い,最終プレゼン打ち合わせを行った上で会場へと向かう.部屋を見渡す感じ,学生はかなり少ない…?

f:id:pika_shi:20131105184159j:plain

オープニング動画のクオリティ高すぎて鼻水でた.


MA9 MashupBattle オープニング

そしてプレゼンが始まった.やはりどのサービスもバトルを勝ち抜いてきただけあって非常にクオリティが高く,見るのがとても楽しかった.これだけでも2nd Stageに来たかいがあったように思う.

自分たちの発表は6番目だった.スベらないか心配だったところもそこそこウケ,全力は出せたように思う.



以下2nd Stageを通して思ったことメモ.

  • プレゼンめっちゃ大事.個性的なプレゼンが多く,非常に勉強になった.アプリそのもののよさも大事だが,それ以上にプレゼンのインパクトが大事だと痛感した.後になっても忘れられないようなオリジナリティにあふれたプレゼンをこれからしていきたい.
  • Twilioやばい.今度時間がある時にTwilio使って何かおもしろいものを作りたい.
  • Webに閉じているものではなく,ハードと組み合わせるようなサービスを今後作っていきたい.
  • ビーコンの可能性を大きさを改めて思い知った.2nd Stageプレゼン作品であるソーシャルツリー2013もビーコンを用いた作品の1つだが,いろんな用途に使えそうである.

プレゼンが39作品ということもあって23時をまわっても終わらず,夜行バスの時間がきてしまったため途中で抜けることとなった.
そして夜中に結果発表.決勝にはコマを進めることはできなかった.

Mashup Awards ブログ 【結果発表】 #MA9 Finalステージ進出作品(2ndBattle審査結果の発表)

まだ部門賞とかテーマ賞とかの可能性は残っているので何かの賞いただけるといいな!

今回の結果に決して満足している訳ではないけれど,周りの多くがスゴい社会人や企業だったことを考えると,2nd Stageに進めたことだけでも少し自信になった.
来年から社会人だが,仕事の合間を縫ってまたおもしろいアプリを考えて応募し続けたい.そして次こそは決勝にいきたい.

(追記11/8) 授賞式の連絡きました! また来週東京遠征します.

(追記11/13) O2O大賞をいただきました!

f:id:pika_shi:20131113085123j:plain